私はこんな英語教育で会話力を身につけました

海外行きたいと強烈にったのは、15歳くらいの頃。なんとなく英語は勉強していたけれど、なかなか使う機会がなかった。そんな16歳の時、学校に来ていたオーストラリアの留学生と交流する機会があり、自分の英語の話せなさに絶望。そこから私流、英語教育が始まりました。

Meetupというイベント交流サイトを訪れ、結構近くのブリティッシュバーで、日本語英語のエクスチェンジイベントが行なわれていることが発覚。年齢制限も記入されていなかっため、とりあえず行ってみることに。当時17歳になりたてだった自分は恐る恐る日曜日の夜に、ブリティッシュバーへと足を踏み入れました。

そこにはたくさんの外国人が、若くて金髪の白人女性から、厳つい筋肉モリモリのいかにも原宿にいそうな黒人、髭を生やしたカーネルサンダースみたいなおじいさん、いろいろな外国人がいました。みんな日本語を勉強したいと思ってそこに来ているので、日本語・英語でコミュニケーションをとりました。言語はミックスでもノリは完全に外国、17歳でそこに来ている日本人は一切いなかったので、皆さん可愛がってくれて、今だから言える話、お酒とかもおごってもらいました。毎週そこに通うことで徐々に会話力もアップ。何よりも英語を話すことに抵抗がなくなり、またノリや何がウケるのかってことが身につきました。今ではビジネスレベルとは言えませんが、海外で問題なく過ごせるレベルの英語力はあります。

こんな経験を生かし、語学学習の要領をつかんだ私が次に手を出したのはドイツ語。別にこれといった理由はないけれど、海外の大学に行きたい!そう思った時にドイツが都合が良かったから。そんな今ではドイツの大学に編入を目指しています。