英語学習をするうえで大切なこと

学生の頃に一番苦手(嫌い)だった科目は英語です。私の世代では英語を授業で習うのは中一からでしたが、今思うとこれは遅すぎますよね。中一にもなれば母国語のリズムやアクセントにドップリつかっていて、とてもじゃありませんが第二言語を習得することなんてできないような気がします。

いや、実際に習得されている方はいるので一概には言えませんが、私のような平凡な脳を持っている者にとっては相当厳しいものがあります。何というか、単語をしっかりとカタカナに置き換えて発音してしまうんですよね。

例えば、「NICE TO MEET YOU」の場合、「ナイストゥーミートユウ」としっかり発音してしまうんです。でもネイティブの人たちって、「ナイスミーチュー」くらいのより短縮された発音をしますよね。まあ、これくらいの短い言葉なら、まだ何とかなるのですが、これがもっと長い文章になると、まどろっこしいのなんのって。これはもはや英語ではなく、日本人が自己満足で習っている正にジャパングリッシュに他なりません。

なので、英語教育が小学校に導入されたというのは非常に賛成できます。個人的に英語を習得するうえで最も重要なことは、いかに早い年齢から学習を始めるかだと思っており、何なら幼稚園や保育所でも英語に触れる機会を増やすべきだと思っているからです。いずれにしても、本気で英語をマスターするならば、日本語脳が確立してしまう前段階で英語脳をインプットしておく必要があるんじゃないでしょうか。