英会話と私ののかかわりについて振り返って思うこと

中学校の頃から英語が好きで、友人とモルモンキリスト教の外人たちと話しに行ったりしていました。高校・大学時代も英語には力を入れて学習し大学時代には愛会話の講義を履修し2年間受講しました。また、大学1年の時に実用英会話の通信教育をはじめ、大学2年時まで勉強していました。同時にラジオの短波放送でAFNを聞いていました。大学での外国語の成績はクラストップでした。

大学卒業後は洋画鑑賞を趣味としてビデオや映画館に通うなどして映画を見ていました。33歳のころ英会話スクールへ通いトップクラスでレッスンを受けました。県立高等学校に勤めていたのでその間にessの顧問をしたり、42歳の時に実用英会話の授業を担当しました。英語に関わりたいと思ってスカパーを契約して英語ドラマやニュースなどを見ていました。

自分の能力の中で英会話は重要なウェートを占めています。海外渡航経験は乏しくタイ・香港とハワイへ行ったぐらいです。現地ではできるだけ英語を使うようにしています。チャンスがあればまたアメリカをはじめ海外に行きたいという気持ちがあります。

ゆくゆくはアメリカのニューヨークで仕事をして成功したいと思っています。したがってまた英語学習のために英字新聞もしくはニュースウィークやタイムをとって自分の英語能力を上げたいと考えております。外国人と友達になって英会話の能力を上げたいと思います。ビジネスで英会話を適切に品格を失わないように使いたいのでこれからも英会話学習の機会を作っていきたいと思います。