中学3年になるまでに、英検準2級を目指して奮闘中!

小学6年生の娘は、英会話教室の先生の勧めもあり、中学3年になるまでに英検準2級の取得を目指しています。

英検については、マーク式のテストなので「勘」や「運」の影響も働くことや、リスニング問題の比重が高いので、完全に理解してなくても受かってしまうケースもあり、やや否定的な見方も多いと思います。私自身は英語が苦手で、英検を受けたことすら無いので、あまり大きな事は言えないのですが、英語を学習している人にとってひとつの目標や成果として自信につながるところにメリットがあると思います。

娘は小5の夏に初めて英検5級に挑戦しました。英会話教室では中1の文法を習いはじめたところだったので、文法の知識は全然ありません。そこで親子二人三脚で文法を中心に学習し、合格することができました。一般の試験場で受けたので、緊張感もあったと思いますが、良い経験になったと思います。

4級合格までは親(私)主導で勉強していましたが、4級に受かったことで自信がついたことや、学校の友達も英検を受けている子が何人かいることを知り、○○ちゃんも頑張ってるから負けられない!というような気持ちも芽生えてきたようで、自主的に取り組むようになりました。

3級は二次試験もあることや、英会話教室でも習っていない文法が出てくるため、合格できない可能性もあるとは思いますが、目標を持って勉強する姿勢は高く評価したいと思います。ただ、英検4級や3級に合格しても、中学校のテストのような筆記試験になると、本当にそのレベルの実力がついているとは言えないかもしれません。

英検合格は一つの目安として、英作文についての力をつけていってもらいたいなと思います。