英語の勉強?いいえ、英語は練習です

昔、予備校のテレビCMだったと記憶していますが、印象に残ったセリフがあります。それは「英語なんか言葉なんだ。(だから)こんなのは誰でも出来るようになる」というものです。なるほど日本の英語教育は(最近はそうでもないようですが)文法中心で、まるで因数分解でも解くような、どこか数学的な科目であるとの印象がありました。

そして、難解な文法と大量の英単語を覚えなければならないことが、更にそのハードルを上げています。しかし、言葉であると認識できれば、その取り組む姿勢や方法なども自ずと変わってくることでしょう。


英語学習の心構えとして、「英語は学習ではなく練習」というものがあります。「英語は勉強ではなく練習なんだ、そして続けていれば必ず上達するんだ」とわかれば、英語アレルギー脱却の第一歩になるのではないでしょうか。聞くだけ読むだけでなく、実際に声にだして発音してみる。そしてそれが自然に言えるようになるまで何度でも反復練習すること。これが大事です。

また、多くの単語やフレーズを覚えるのは、単に見るだけよりも、実際に書いたり、発音したりするほうが覚えやすいのです。これは運動記憶というもので、人間の動作に関連付けることによって覚えやすくなるのです。
とにかくまず、英語は言葉であると認識して、あまり細かな間違いを気にせず、聞いて、見て、読んで、話すという練習を続けること。すると、だんだん英語を英語のまま理解することができるようになり、英語が楽しくなることでしょう。