英語に限らず語学を習得する上でまず大切なのは、自分が「聞くこと」と「読むこと」のどちらに特化した人間かを知ることです。ある人は、耳で聞いた情報をうまく消化して、自分の言葉として応用する術に長けています。そういう人は会話能力には優れているのですが、いざ単語を書けと言われるとスペルが分からなかったり、検定試験などでは高得点を取れなかったりしますが、実践的な柔軟性があるので語学習得に向いています。

またある人は、文字として認識することで記憶を定着させ、体系的に言語を把握することに長けています。話しかけられるとうまく言葉が出なかったりもしますが、難しい文章でも理解できたり、誰かに教えることを得意とします。

続きを読む

英語の勉強をちょっとでもおもしろくするために、なんてことを考えるよりも単語をひとつでも覚えるべきだと思いますが、普段使わない英単語の暗記というのはけっこう苦痛です。学生のころは試験がありましたからそれをクリアするためにがんばりますが、試験が終わると大部分忘れてしまいます。

単語を記憶に定着させるためには、自分の好きなことと英語の勉強をリンクさせるという方法があります。これはいい方法で私もやっていますが、覚えられる単語の範囲がとても狭いというのがこの勉強法の弱点です。TOEICなどの試験で高得点を取るためには、自分の好きなことにこだわっていられません(TOEICの英語と自分が興味がある方向が合っている人ならいいですけど、そういう人はあまりいないのでは・・)。
続きを読む

今日は仕事で久々に英語を使いました。お相手は外資系の営業マンで日本語が話せないとのこと。私もそこまで上手なわけではないのですが、大学生の頃数年間だけ英語の勉強に力を入れていた事があったので、英語でお話しました。

うちの会社は日本語しか話せない人が多い…。というより、英語話せるのは私しかいないので、仕方ないのでその営業マンの話を聞いたあげたって感じなんですけどね。彼の話いわく弊社の取引がしたいとのことです。取引といっても綺麗な話ではなく、要は英語学習ツールを買って下さいという話でした。そんな営業ならわざわざ外国人を起用する必要もないのになぁ、と思っていましたが、なんでなんでしょう(笑)。続きを読む

私は数年前からオンライン英会話(スカイプ英会話)サービスの運営に携わっています。元々は友人がその運営会社で働いていたのですが、サービス利用者の増加に伴いスタッフを募集していたので私に手伝ってほしいと声が掛かりました。現在は一通り仕事も覚えたのでオンライン英会話サービス運営の裏側を書いていこうと思います。

まずは講師陣についてです。私の会社の講師陣は大半がフィリピン人で女性の講師が半分以上常駐しています。日本で結婚している人や大学院生が多く、毎月1回以上は講義の進め方や講義の内容についての研修をおこなっています。なぜ、フィリピン人の講師を多く採用しているかというと欧米の人ほど報酬を高く支払う必要がなく、勤勉で英語のなまりが少ないからです。続きを読む

学生の頃に一番苦手(嫌い)だった科目は英語です。私の世代では英語を授業で習うのは中一からでしたが、今思うとこれは遅すぎますよね。中一にもなれば母国語のリズムやアクセントにドップリつかっていて、とてもじゃありませんが第二言語を習得することなんてできないような気がします。

いや、実際に習得されている方はいるので一概には言えませんが、私のような平凡な脳を持っている者にとっては相当厳しいものがあります。何というか、単語をしっかりとカタカナに置き換えて発音してしまうんですよね。続きを読む

私の今までの最高のTOIECの点数は825点です。この点数に行くまでに私は留学を繰り返しました。最終目標点数は900点でしたので、まだ目標には届いていませんが800点を超えて少し満足している自分もいます。

私が始めてTOEICを受験したのは大学生のときです。初めての点数は500点ちょっと。大学で英語を勉強している身としてはとても痛い点数でした。何度受けても最高550点。なかなか点数が上がりませんでした。英語を話せるようになりたい!という一心で大学卒業後に留学をしました。行き先はフィジー。そこで8ヶ月間英語の勉強をしました。特にTOEICの勉強はしませんでした。続きを読む

昔、予備校のテレビCMだったと記憶していますが、印象に残ったセリフがあります。それは「英語なんか言葉なんだ。(だから)こんなのは誰でも出来るようになる」というものです。なるほど日本の英語教育は(最近はそうでもないようですが)文法中心で、まるで因数分解でも解くような、どこか数学的な科目であるとの印象がありました。

そして、難解な文法と大量の英単語を覚えなければならないことが、更にそのハードルを上げています。しかし、言葉であると認識できれば、その取り組む姿勢や方法なども自ずと変わってくることでしょう。

続きを読む

私は30代の主婦です。英語は大学以降全く触れてこなかったので読み書き会話ともに苦手です。しかし日本で生活する分には困っていないので避けて通ってきました。

数か月前、ヨーロッパ旅行に行き、現地の人とのコミュニケーションや、案内板、美術館など英語がわからない私は旅行の間中苦労しました。

非常に悔しい思いをしたので帰国したら独学で英語の勉強をやり直そうと一念発起しました。

読み書きに関してはまず単語と文法のインプットが必要と考えました。単語を覚えるためのアプリをスマホにダウンロードし、毎日発音とともに暗記をしています。
続きを読む

英語を勉強し、英会話ができるようになりたいと思い、あらためて勉強のための計画をたてています。というのは今まで勉強を始めてはすぐにやめる、ということを何回も繰り返しているからです。もっと効率よく勉強がしたいと思い、どういう方向の英会話がしたいのか具体的に決めたいと思い、それなら”ビジネス英会話”にしようと思いました。

なぜこのジャンルを選んだかというと、たとえば日常会話だと範囲が広すぎるので手に負えません。旅行英会話にしようかと思いましたが海外旅行をする予定もないので、1番現実的なのがビジネス英会話かもしれないという結論です。続きを読む

皆さんはどれだけ言語を話せますか?

私は中国語と英語を話します。異文化や言語が好きでたまに勉強したりしているのですが、もともと英語の勉強を小さい頃からしていてちょっと英語にも飽きてきたので次は中国語だ!と思い中国語の勉強をしています。

つい先日、中国語のTOEICみたいな中国語検定があるのですがそれで3級を取りました。半年間勉強したかいがありました。英語の勉強はずっと小さい頃からやっていて(親にやらされていた?)TOEICは800点、英検準1級の資格を持っています。

続きを読む